おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
はし本@東京都中央区

うな重・いをオーダーしました。
鰻一匹です。
奮発したいのですが、臨時出費大杉君で一匹に全身全霊を集中!!

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:35 No.682 [返信]
Re: はし本@東京都中央区
えっと、何だっけか?
鹿児島のどこやら産だそうです。
良いツヤしてるじゃないですか。
でもって、存在感がしっかりしてます。
こりゃもしかして。。。

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:38 No.684
Re: はし本@東京都中央区
ふんわりした食感です。
あっさりしたタレですが、野田岩さんよりも心持濃くが出ているかな。
鰻に厚みがあるので良いバランスが取れてます。
皮もトロリといってしまいますね。(笑
お隣の女性客が小さいころ家族で鰻食べに行って小骨で嫌な思いした事を語っておられましたが、蒸しを入れると小骨も抜けていくので安心ですね。
って、幼少の頃何処で食べたんでしょうね。。。

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:42 No.685
Re: はし本@東京都中央区
ご飯も熱々ホクホクです。
やっぱり心持柔いかな?
気にならないけど。
色々と食べながらどうだ?どうだ?なんて考えるとそうなっちゃいますか。(苦笑
今回、蒸しも美味しいと思いました。

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:45 No.686
Re: はし本@東京都中央区
ラッキー!は土曜日は肝吸いがサービスなんですって。(笑
確かにメニュー見ると200円するんだ。

このお店は新幹線に乗る前にも便利だし、さり気に入りました。
来年も二科に入選すれば来るかな?(笑
でも、この日は運が良かったんだと思います。
某が座ってからどんどん入店してきましたからね。
タイミング良かった。

ご馳走様でした。

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:48 No.687
はし本@東京都中央区

お江戸鰻探訪2軒目。
本当に東京駅八重洲口から直ぐの処。
まさかの細い路地を入っていくとありましたぁ。
鰻を焼く香ばしい煙が楽しいです。
店内はありゃ、肩透かしですんなりと席に座る事が出来ました。

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:22 No.677 [返信]
Re: はし本@東京都中央区
まずは冷たいビールで。(笑
ちとピント甘いなぁ。。。(汗
これからの真剣勝負に備えて、チビリチビリと舌を濡らすように口に含みつつまずは。。。

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:24 No.678
Re: はし本@東京都中央区
はい、一口白焼。
此方は単品でオーダー出来ます。
塩と鮎の魚醤で味わいます。
うん!地焼きだ!!

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:28 No.679
Re: はし本@東京都中央区
ふふふ、香ばしい香りが良いですねぇ。
厚みもまずまずじゃないですか。

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:29 No.680
Re: はし本@東京都中央区
脂が乗ってジューシーな味わい。
うなぎの素焼きって感じ。
山葵だけ乗せてまず頂くとあっさりしながらも鰻の味わいが滋味深く口の中に広がります。
サクッと表面、なかはふんわりはお江戸にもありますよ。
。。。しっかり背開きだわ(笑

やまぜん 2017/09/15(Fri) 17:33 No.681
5代目野田岩(3)@東京都港区

改めて、うな重アップから。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:34 No.672 [返信]
Re: 5代目野田岩(3)@東京都港区
蒸を入れると鰻の小骨も抜け出る。
これは効用ですね。
だから、お口の中で蕩ける。
。。。ところで何故に江戸時代鰻だけが魚類の中で背開きだったんでしょうかね。(遠い目
絶対、切腹じゃないと思いますよ。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:38 No.673
Re: 5代目野田岩(3)@東京都港区
タレは”絶妙”って言葉を使わせて頂きましょうか。
これ位の濃さですよ。
あっさりしていて。。。それでもしっかり味として存在していて鰻の旨味の屋台骨を背負っている。
だから、このふにゃ鰻の身が甘くて旨味濃ゆい感があるんだなぁと。
上品じゃなくてこれが当たり前の味わい。
鰻を食べさせるという舞台裏の味達の活躍なのでありますね。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:42 No.674
Re: 5代目野田岩(3)@東京都港区
ご飯が。。。これは関東は軟で良いんですか?
熱々は良いが、この柔らかさは。。。鰻に合わせなくても。。。
!?鰻の食感に合わせるとご飯もこうなる?

肝吸いは。。。こんなもんっすかね。
出汁は優しくて良いですね。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:48 No.675
5代目野田岩(3)@東京都港区
デザートに梨。
旬ですねぇ。。。
瑞々しくて甘い。

東京の鰻はこうなのかと改めて実感すますた。
これも文化ですね。
ちと気になったのは、天然うなぎを提供している事。
鰻存続の為に少しは気を使っていただけると。。。これは美味しいとか不味いとかの問題じゃなくね。

鰻探訪は続きます。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:51 No.676
5代目野田岩@東京都港区

お通しでしょうか。
うなぎの煮凝りです。
これ、初食感!!
美味し。
うなぎの旨味が纏まっているんですよ。
咀嚼するとほっこりする。。。あぁ、この後の行事が無ければビールだな!!

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:04 No.667 [返信]
Re: 5代目野田岩@東京都港区
一口志ら焼です。
これね、乗っている重箱の下に熱湯が入っているようで温度が下がらないように工夫されています。
塩と醤油が出されてお好きな方を。。。
初めての人にそんな事言ったら。。。(笑
箸を入れると、この白焼きも蒸を入れています。
ふんわりと言いたいところですが、箸を炒れっるとふにゃぁって感じで案外と切れ難い。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:11 No.668
Re: 5代目野田岩@東京都港区
山葵載せて塩で頂いてみました。
見栄えが。。。と思いましたが口の中に入れると蕩けていきます。
鰻の旨味がトロリトロリと蕩けていくぞぉ。。。
魯山人はこれが好きだったんだ。(笑

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:16 No.669
Re: 5代目野田岩@東京都港区
うな重到着!!
おぉぉ、普通じゃん!(笑

うな重を囲んで11時の方向からお新香、大根おろし、緑茶、肝吸い。
大根おろしを箸休めについて来たのはびっくり。
。。。鰻は基本脂濃いお魚なので消化しやすくするために用意したのかな。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:21 No.670
Re: 5代目野田岩@東京都港区
うな重アップ!!

鰻は小振りです。(某基準(笑 )
ご飯が薄く敷いてあります。
良い香りだぁ。。。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:24 No.671
5代目野田岩@東京都港区

はるばる来たぜぇ!!Tokyo!!!
The ONOBORI-SAN!!

やまぜん 2017/09/13(Wed) 18:31 No.663 [返信]
Re: 5代目野田岩@東京都港区
東京タワーの仰ぎ見て
お上りさんは。。。そう!うなぎのぼり!!
200年の歴史を誇る野田岩本店!!
(オッタマゲーションマーク多過ぎてスマソです。)

やまぜん 2017/09/13(Wed) 18:34 No.664
Re: 5代目野田岩@東京都港区
店内に入って名前書いて。。。と思いきや。。。
女将さん?
「では、別館にご案内!!!」
(核爆
。。。本店内、テーブルいくつか空いてますやん!!(涙
歯向かえない某は大人しく別館へ。。。
美味く無かったら怒るぞぉ!と心に呟きつつ。

やまぜん 2017/09/13(Wed) 18:40 No.665
Re: 5代目野田岩@東京都港区
彩コース+うな重を”萩”にアップ。

どうしても志ら焼(白焼)も食べたくて、一口志ら焼が付いた彩コースに。
でね、この彩のうな重の量がデフォで二切れ!との事。
単品うな重の”竹”に相当するとの事で、「一尾食べたい!!」と我儘言うと、単品うな重の”萩”から”山吹””桂”が一尾。
大きさの違いという事で、因みに萩は3,800円〜桂5,400円まで。
一尾で5,400円は流石Tokyo!!(核爆3発
では、歴史ある野田岩さんの鰻を堪能しようではありませんか!

やまぜん 2017/09/13(Wed) 19:00 No.666
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -